神田|整体|BR神田均整院|均整術のさまざまな学問を一言で記載しています。参考までにご覧ください。

施術者紹介

施術の流れ

均整術とは・・・

サトウ式リンパケアとは・・・

S&Dバランス調整法

患者さまの声

セミナーご案内

img_02
BR神田均整院ページ

お問い合せ

TEL :03-6206-8106
e-mail:info@brkanda.com
受付時間: 火~金 10:00-19:00
土曜日は17:00受付まで

均整術基本概念

kinseijutu

   ※実際には下記技術を複合させて施術をいたします。

均整術の手技(抜粋)

十二種体型学/じゅうにしゅたいけいがく

人の身体を12種類に分類し、それに関連した背骨を調整する手法です。
当院のメインになる手技でもあります。

観歪法/かんぷほう

経絡(つぼ)と背骨を使って症状に合わせて神経反射刺激をいれる手法です。

筋肉操縦法/きんにくそうじゅうほう

筋肉の緊張をとるために、それぞれの角度を使ってゆるめる手法です。

骨格均整術(オステオパシー)/こっかくきんせいじゅつ

骨の角度を調整し、骨格自体のバランスを整える手法です。

経絡反射術/けいらくはんしゃじゅつ

経絡のもつ回復力を応用し自然回復力を高めます。

くつろぎ傾斜圧操縦法/くつろぎけいしゃあつそうじゅうほう

症状により楽な姿勢をとる事によって、痛みのない可動域を広げていく手法です。

相関関係論/そうかんかんけいろん

身体を正面からみて4分割し、上下、左右、対角、表裏による相関関係を利用し、調整していく手法です。

姿形均整学/しけいきんせいがく

身体の機能的面だけでなく、見た目の変化を作るための手法です。

老人操縦法/ろうじんそうじゅうほう

人は内臓が弱くなると、身体の構造が変わってきます。老人用というよりは、弱っている方にむけた手法になります。

小児均整操縦法/しょうにきんせいそうじゅうほう

平均すると15歳になるまでは、身体は固定されていません。そのため子供には、大人と違った手法があります。